鳥取県の契約書作成代行は辻元法務事務所へ!

鳥取県の契約書作成代行は辻元法務事務所へ!

 

鳥取県で契約書の作成代行を希望されるお客様は、低価格・高品質を追求し続ける辻元法務事務所へお任せください。
辻元法務事務所は「自社を守るための契約書」、「受注を勝ち取る契約書」を推奨し、その作成代行を通じて鳥取県の企業活動を支援します。
これらの趣旨をバランスよく考慮した契約書は、目先の利益にはならないかもしれませんが、長期的にはトラブルに強く、会社の実りになります。また、相手方を思いやる条項も検討することもでき、受注のチャンスを逃しません。


市販の雛型(テンプレート)について

契約書の雛型なら多くの書籍が出版されていますし、インターネットで検索すればそれなりの雛型がすぐに入手できます。
これらの雛型は経験豊富な弁護士等が監修しているのが通常で、その内容は流石にしっかりとしたもので、“抜け”がありません。
ただ、そこに記載された内容で、自社の思い通りの契約が実現できるのかは、また別の問題です。仕事を受注したければ、ある程度の不利益を譲歩するのが当然ですし、相手や時期によって内容が変化するのが当然でしょう。言わば契約書は生き物と当事務所は考えています。
オリジナルの契約書で相手方の信頼を勝ち取りましょう!

契約書のチェック・添削は困難

「うちの契約書だけどどう?」とチェックの相談を受けることもありますが、
「ふ〜ん、こういう内容の決め事をしたのですね」と返答するしかないのです。

 

当事務所の契約書作成代行をご利用の場合、次のような「明確な会社の意思」が必要で、契約書は取引相手ごとに作ることを推奨しています。

  • もっと当社に有利な条件にしたい!
  • 新規の顧客なので「厳しめ」にしてほしい!
  • 信頼している顧客なので「緩め・あやふや」に留めておきたい!
  • 将来のトラブル回避のために公正証書まで仕上げてほしい!

当事務所の実績(鳥取県)

当事務所で契約書の作成代行の依頼の多い内容は以下のとおりです。
おそらく鳥取県という地域特性もあろうかと思いますが、そういった地域特性を契約書に盛り込むことも作成代行の重要なポイントなのです。

  • 事業用の土地や建物を借りたい。
  • 一時的に土地を借りたい。(借地借家法除外)
  • 土地や建物を売買したい。(個人売買)
  • 中古資産を現状のまま売買したい。(瑕疵担保免除)
  • ホームページの制作やプログラミング業務を請け負いたい。
  • クーリングオフ付きの工事を請け負いたい。
  • 自社の商品の製造や販売を依頼したい。
  • 自社の株式を売って経営権を譲渡したい。(M&A等)
  • 自社の事業の一部を譲渡したい。
  • 定年社員に育成業務やメンテナンス業務を依頼したい。(多様な働き方)
  • 定年社員に監査役の補佐業務を依頼したい。

契約書作成代行の費用

契約書の作成代行に係る費用としては、完全オーダーメードなので、その都度見積りいたしますが、書類を作るのみの場合1.5〜2.5万円(税別)での提供を目指し、日々研鑽しております。

対面での打合せは上記金額に含まれておりません。通常は電話やメールなどで2〜3回やり取りをし、最終版を専用紙に印刷してお客様に郵送しております。
また、作成代行の成果として「Word」等のオリジナルファイルは提供していませんので、ご留意ください。「コピペ」はダメという当事務所とお客様との契約ですね。

page top