鳥取県の事業計画書の支援キャンペーン

事業計画書キャンペーン

 

辻元法務事務所では、鳥取の創業を支援するため、創業融資に関する事業計画書の作成業務を開始した。

 

これは、独自の調査によると、経済用語が飛び交う事業計画の立案や融資担当者との折衝が苦手な小規模会社が多いというもの。

 

辻元代表は、自身の経営コンサルタントの経歴が、荒波に船出する会社の力になればと語る。

 

続けて、@私の質問に回答していけば、それなりの叩き台は完成する、Aあまり専門的な経済用語より、社長の想いが伝わる事業計画書に導きたい、B融資は、担当者と共同して審査に向うもので、臆せずに思いっきりぶつかってほしいとのこと。

 

予算は、25,000円(税別)ほど見てもらえばいいようだ。


page top